無事到着しました

昨日無事、ルーヴェンに着きました。(ブリュッセル空港から電車で15分でした。近い!)

まだネットが繋がらず、臨時でプリペイドsimを購入し、なんとか最低限のメールチェックなどできるようになりました。

最初の数ヶ月は、折角だからと、125年目を迎える歴史ある学生寮に住むことにしました。事前に部屋を見れない&狭い部屋が売り切れで広い部屋しか空いておらず、いったいどんな部屋なのか、行ってみないと分からない、開けてビックリ状態だったのですが、本当にドアを開けてビックリ。
広い、広すぎる…。ここは昔は談話室とか会議室だったのでは?とにかく私には広すぎて落ち着きません…。しかもベッドはパイプベッドを予想していたら、ライオンと魚の混ざったような彫り物が…。

昨日はとにかく寝具を揃えねば!と、寝具を求めて街をさまよい歩きました。結論として、早くも、日本がいかにお店が多く、物がたくさんあって、リーズナブルなものから高級品までとにかく、種類がたくさんあるか痛感しました。
もっとも、この街ルーヴェンが少し田舎だからか(と言っても、首都ブリュッセルから電車で20分ですけど)、あるいは、ベルギーがそういう国なのかもしれませんが。(と言うのも、ネットショップすれば良いんだ!と思いつき、ネットで調べていたら「ベルギーは欧州の鎖国!ネットショッピングが遅れてる、関税が高い!電子機器は日本やアメリカの発売後1年くらいしてからやっと発売される」などの情報を見つけました。真偽のほどはいかに?!?!今後生活が落ち着いたら、その辺のことも調べてレポートしたいと思っております。)

そして初日にしてすでに「旅行で行くのと住むのはまっっったく違う!」を実感。旅行の時は、寝具屋さんや家具や、電気屋の多さや、値段なんて気にならない(気づかない)ですものね。
今はとにかく無印が恋しいです。無印ルーヴェンに出店してくれないかなぁ。あと大戸屋。

今日の目標はネットを繋げるようになること。あとは寮のディレクターを探して会うことです。

それにしてもネット繋ぐとか…日本にいたら目標レベルでもないことですが、やはり海外では勝手が違いますね。とくにここではみんな英語を話せますが、しかし公にはフランス語とフラマン語(オランダ語)が公用語なので、シーツひとつ買うにもなんて書いてあるか分からず一苦労。やはりフランス語も学ぶぞ!欲に火がつきました(生活を楽にするため😅)。

あと今の素朴な疑問は、寮の中は寝巻きで歩いて良いのか?ということです。その辺の疑問を解決するためにも、今日は何としても寮のディレクターを見つけなくては!

ではでは今日も素敵な1日を💕


東京サイズの部屋に慣れている私には広すぎる・・・(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です