「私は今かなり生きているぞ」

おはようございます。こちらは2/1の9:04です。
昨日も色々なことがありました。ものすごく小さなこと、日本でなら左手の小指動かすレベルでできることをするのに大変な労力を費やすので、1日がまるで1ヶ月のように感じます。
いや、それはさすがに少し大げさかも。1週間くらいに感じます。

さて、昨日の報告。
昨日はやっと寮のディレクターに会えました。(もちろん一回では会えず、2回目にドアを叩いたらいた)
しかし激しく残念なことに、寮の契約書にサインをしたり、実務的なことを担当しているのは別の人で、その人は2/5まで休暇を取っているとのこと。つまり私はそれまで契約書にサインがもらえない→こちらの区役所に届け出ができない→銀行口座も作れない。さらにゴミ捨てのルールやキッチンルール、冷蔵庫の棚どれを使えば良いかもわからない、すなわちしばらくはまだ不便ライフを送らねばならないということが判明しました。それらを授業が始まる前に済ませるために、早めにこちらに来たのに😫そんなことならあと1週間日本にいたかった😭大戸屋に行きたい😭ひれ酒が飲みたい😭日本のみんなに会いたい😭と思いましたけれど、ディレクターに言っても仕方ないのでグッと飲み込み、「なるほど。分かりました」と笑顔で言ってしまいました。えぇ、私はザ・日本人ですよ。

そしてふと振り向くと、ディレクターの部屋に日本語のポスター(?)が!

「痛みを感じるのは 生きているから
悩みがあるのは 生きているから
傷つくのは 生きているから
私は今 かなり生きているぞ」

って…

これ、今の私へのメッセージとしか思えない…( ̄▽ ̄;)

えぇ、私は今、過去最高と言っていいレベルで「かなり生きている」ですよ…。

相田みつをさんのかと思いましたけどよく見たら左下に富と書いてあるから星野富雄さんの作品ですね。

聞いたら、数年前に神戸大学の学生が交換留学で一年間きた子がいるそうで、その子が他の人からもらったものを、寮を出るときにディレクターにプレゼントしたそうです。
(今気づきましたが、つまりその子も「私は今かなり生きているぞ」と思いながら過ごしたということか?!)

そんなわけで念願のディレクターに会えたものの実用的なことは何も進まない&情報は得られなかったのですが、面白い話を聞けました。

「部屋はどう?大丈夫?」
と訊かれたので
「はい、大丈夫ですが、正直広すぎて驚きました」
と言ったら、
「そうね。この建物は昔は教授用の建物だったんです。昔は教授たちも寮に住んでたんです。だから他の建物より広めな上に、君の部屋は大司教専用の部屋だったの。だから広いし家具も立派なの」とのこと😳!どうりで景色もとても良いのか、と納得。

他にも何か私の部屋の歴史を説明してくれましたが、私の英語力不足により聞き取れず。(教会系の専門用語など出るととたんについていけなくなってダメですね。って、私これからそういうこと勉強するのに😱大丈夫か?!自分?!😖😱😖😱

まぁとにかく、計らずもこの寮で一番いい部屋を引いてしまったということがわかりました。(しかしそれがイコール日本人の私にとって快適というわけではないけれど。でもこの不思議な巡り合わせに感謝しなくては!)

そのあとは、バディに教えてもらったセカンドハンドショップに行ったのですが、いやぁ大変でした。なぜって、大粒の雨が結構降り出し、さらに風も強くて。折り畳み傘をさしていたのですが風が強くてすぐおチョコ(?)になってしまうし、横から吹く雨に濡れるからあまり意味なしで、結局現地人の真似をして途中で傘さすのやめました。それで、なぜこちらの人が傘をささないか、少し分かりました。

しかしですね、雨の中メガネをかけてるとダメですね。水滴がついてよく見えない。
不思議なのが、地元の人たちも傘さしてないのに、なんかあんまり濡れてない感じなんですよね。なんで?ボーントゥービー防水加工でもされてんでしょうか?
一つ分かったのは、フードを結構深くかぶってるということ。だからフードだけどキャップのツバのようになって、顔には雨がかからない感じでみんな歩いてました。
残念ながら私は日本が誇るUNIQLO様のフード付き風ブロックパーカーを下に着てましたから、どうしても外のコートのフードを深く被れなくて、メガネが濡れまくった次第。次からは対策を練ります。

ちなみに、この気候で20分歩くと結構遠く感じ、なんども引き返そうと思った&私はそこまでして今日セカンドハンドショップに行く必要があるのか?!と自問自答しました。結論は「ない」なのですが、人間というのは意外と、始めるよりやめる方が大変なのですよね。
「折角濡れながらここまで来たんだから」という思いに負けて、お店まで行きました。

しかしここからまた一苦労で。つまり入口がわからないわけです。なぜか?
1)入口っぽいのが複数ある
2)オランダ語で書いてあって読めない

結局、何往復かして何度か従業員用の建物に間違えて入り、最後に見つけた人に聞いて教えてもらえて、お店に入れました。
いやはや。店に入るのさえ一苦労!言葉がわからないってこんなに不便だとは。
やはり日本も観光立国を目指すなら、最低でも英語の案内はちゃんとつけなくては!と思いました。

そんな思いをして着いたお店は…。
私はここでもまた、ジャパンクオリティの高さ、そして日本という類まれな国にスポイルされて来た自分を痛感しました。
そう、失礼を恐れずに言うなら、…いや、やはり言えない。
少なくとも私が目にした店内は、私の目にはセカンドハンドショップではなかったです。というか、日本のブックオフやメルカリはネ申だということが分かりました。

そして、またずぶ濡れになりながら寮に戻ったのですが、途中でBioの専門店があり、折角遠くまで来たから、と覗いてみたら、味噌が売ってましたでも、150mlで6ユーロとバカ高いので買えませんでした😭。しかし何かを買わなくては癒されない!と思い、ヨギティーを二箱、チーズ100g、全粒の有機パスタを買いました。
ヨギティーとチーズはもちろん日本より安かったです。ヨギティーは一箱…と、今計算してさして安くないことが判明し少しがっかり😭。3.29ユーロだから447円。しかし私はそこに両替手数料が入るから、日本で買うのより数十円安いくらいか。まぁヨギティーはベルギーも輸入してるからね。
チーズは100g 1.26ユーロ!これは圧倒的に安いですね!ちなみにフランス産のチーズ。
有機パスタはイタリア産で500g 4.03ユーロ。540円くらい。これは少し高いですね。有機だから。普通のスーパーで普通に買ったら1-2ユーロだから。
ということで、結論からするとbioのお店はやはり高いので今後はあんまり買わないだろうな。卵とか、確実に良いものが欲しい時だけ使おうと思います。

と、昨日はそんな一日でした。
こうして書くとほんと大したことしてないのに、グッタリ疲れて7時は寝ておりました。

さて今日は何としても枕元ランプとwifiルーターをゲットしたいです。
なぜなら枕元ランプがないと、天井ライトだと明るすぎるし、夜寝る前にベッドで本を読み、眠くなった時、ドアの横のスイッチまで行かないといけないし、スイッチ切ると真っ暗だからそのあとはiPhoneの懐中電灯で動かないといけないからです。
もちろん朝もこちらは8:30くらいまで真っ暗だから、朝起きたらiphoneの懐中電灯使わないと真っ暗で動けないわけです。だから枕元ライトが欲しい。(例えば、写真は今朝、7:46に撮りました。月見ができますよ。朝の8時前に!!!)

そう。そんなことをさっき、フランスに2年住んだ経験者で今は日本にいる友達とラインでやり取りしていて思ったのですが、日本は天気、気候、いろんな意味で恵まれてる国な訳です、改めて。青空率は高いし、冬でも朝ちゃんと明るいし。温暖だし。でもヨーロッパは(私はまだ数日しか知りませんけど)真っ暗ですし天気悪いです、冬は。そして買い物事情もよくない。食べ物も日本は美味しいし安く食べられる。
つまり、あらゆる意味で恵まれた環境にある。
それなのに!!なぜ日本の幸福度ランキングは低いのか?!2017年の発表によると155カ国の中で51位、G7の国の中では最下位だそうです。(ちなみにベルギーは17位おとなりオランダは6位!)
なぜ?!なぜ??!!おかしい!これは、この調査そもそもが日本に不利になっているのか、それとも、何か外的環境要因(気候や買い物事情など)を凌ぐ優れた点がベルギーやオランダにあり、日本にはないということなのか?!
謎。謎です。今の私には謎でしかありません。

しかしこれで私は俄然やる気が出て来ました。
そうでした。この生活立ち上げの大変さに忘れかけておりましたが、私はこういうことを人から見聞きした2次、3次情報ではなく、自分の体験として、自分の目で見て耳で聞いて調べたい!
理想の社会、ポスト資本主義の世界はどうあるべきなのか?を自分なりに調べたい。考えたい。
そう思ったから今回、ベルギーに留学に来たのでした。
(ではなぜ宗教学!?というのは、まぁそれももちろん理由はあるのだけど、でも大枠は上記がおおきな目的の一つ。というか、宗教学とそこも繋がってるのです、私の中では。)

よし!日本と比べて不便さを嘆いている場合ではない!自分の英語力のなさに涙を流している場合ではない!

Just do it! ナイキ!

と言うことで、今日はできたらバスで1時間のところにあるイケアにいきたいなと思っています。

日本の皆様も素敵な午後を〜💕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です