求む!簡単おいしいレシピ♪

おはようございます。こちらは2/6(火)の朝10:00です。

いよいよこの日が来ました。そう、寮の実務担当者のバケーションが終わりやっと出社(出寮?)してくれる日です。今日で私の事務処理が色々進むはずです。何と言っても私、今もまだ寮の契約書交わしていない状態で住んでおりますからね。(もちろん、事前にメールPDFで私がサインしたものは送ってあり、デポジット金も払ってOKもらっておりますが、先方からのサインをもらっていないので契約書を「交わしていない」と言う意味)

さて昨日の報告。
昨日は取り立てて事件はなかったので(良い事です)サクサク書きます。
(それにしても、1日前のことなのに「えーっと、昨日は何やったっけ?」と少し考えないと思い出せないのは、疲れているせいでしょうか、それとも年齢のせいでしょうか、あるいは個人的な記憶力の問題でしょうか)それは良いとして。

えーと、昨日は、そう、「ようこそ!ヒロコ」メールなど各種メールに返事をした後、シャワーを浴び、前の日に作ったカレーをランチに食べて、掃除用具の買い出しに行ったのでした。
ここで追加説明するとしたら、シャワーのことでしょうか。
この寮のシャワーは、そうですね、一般的な海外のユースホステルのシャワーみたいな感じです。すなわち、バスタブなし、シャワーカーテンのみ、コード付きシャワー(←これ重要。カミーノでは固定シャワーの時もありますが、あれは実に不便です)。
まぁ海外リーズナブルシャワーの基準としてはごく一般的なシャワーですが、私は微妙に潔癖症なので、とにかく、こう言うタイプのシャワーは苦手なのです。というか、自分の家か友達の家か日本の温泉か、良いホテルのシャワーじゃないと苦手。それでよく旅をするし、海外「歩き旅」をできるもんだ、と、この話を聞いた人は言いますが、自分でも思います。ですから実は常に旅先でのシャワータイムは相当ストレスなのです。
ですから、今、私にとってシャワーは大変ゆううつな時間です。一方日本にいるときは、私はお風呂に1時間くらい入る人で、入浴タイムは至福のリラックスタイムの一つでしたから、このダメージは結構大きいです。至福の時間が奪われ、憂鬱な時間に転じたのですから。でも、郷に入らば郷に従えですし、自分が好きでここに来たのですから文句を言うべきではありません。さらにカミーノの巡礼宿シャワーを知る者としては、温かいお湯が出続けるだけでも感謝すべきだと思います。しかし、毎日のこととなるとこういう小さなことの積み重ねが心を蝕みますから、文句を言うのではなく、無駄に我慢をするのでもなく、なんとか工夫をし、少しでも憂鬱度を減らすべき、と思っております。
ということで、私は数回シャワーを利用したのち、「バスローブがあればかなり憂鬱さが軽減されるのではないか?」と言うことに気づきました。なぜか?
バスローブがあれば、シャワーのところで着替えなくても、バスローブだけ羽織って、さっと部屋に引き上げれば良いので、シャワールームでの滞在時間が極力抑えられるからです。
しかもラッキーなことに、私の部屋はシャワーの隣です。ですから、まず部屋でバスローブオンリー状態(一歩間違うと露出狂のスタンバイ状態)になり、バスタオルと洗い道具を持って歩いて5歩のシャワールームへ行きます。そして、シャワーを浴びたら、さっとバスタオルで拭き、すぐにバスローブを羽織り、さっと部屋へ戻ってくるのです。そして部屋でゆっくり着替えたり髪の毛を乾かすという作戦です。

実は昨日はバスローブ作戦をと取り入れてから2回目のシャワーだったのですが、これは相当効果的でした。おかげで私の憂鬱なシャワータイムの憂鬱さが少し軽減されました。寮のシャワータイムを憂鬱に思っている留学生の皆さんには是非、バスローブ作戦をオススメしたいです。あとはサンダルがあればグンと楽になると思います。サンダルは日本を出るときに郵送してあるので、今届くのを心待ちにしています。(そう、私は今、ティンバーランドのブーツしかないので、ティンバのブーツにバスローブ姿で移動してます(^_^;))

そうしてシャワーを浴びた後、キッチン&ダイニングで前の日に作っておいたカレーを食べました。カレーというのは作った日より煮込んだ翌日の方が美味しいと言いますが、煮込まなくても冷蔵庫に冷やしておいてもやはり翌日の方が美味しいものなのですね。前日より味が濃くなっていて美味しかったです。
あとは飢えへの恐怖から食材を買いすぎていて、早くも野菜をダメにし始めているので、慌ててズッキーニを焼いたりトマトを切ったり、チーズを投入したりしました。結論としては、焼いたズッキーニとチーズを追加投入したのは正解でした。美味しくなった。なので今後もカレーの時はズッキーニやチーズも乗せようと思います。(実際カレー屋さんでチーズトッピングありますもんね。そしてこの美味しいチーズの値段はやはり、ヨーロッパの醍醐味ですよね。日本で買ったら千円前後以上するチーズが2ユーロ3ユーロで買えるのは、チーズ好きとしては本当に嬉しい

そのあとは安いお店HEMAや、もっと安いお店ZEEMANで掃除用具を買い、帰宅した次第です。その時点でもう16時過ぎで疲れてしまったので掃除機だけかけて、本気の掃除はまだやれておりません。
それにしても、ZEEMANというのは私が見たところ、ルーヴェンの中で一番安いお店なのですが、店内は薄暗く、品物は時々床に散乱しています。そして安いと言ってもワンコインではない。対する日本の100均は、これよりクオリティ高くてお店も明るく清潔で全て100円で買えるわけですから、すごいを超えて恐ろしくさえ思えて来ました。それで思うのが、日本の100均とか無印が本気でヨーロッパに出店したら、一瞬で市場を支配できるのではないか?という気がするのですが、現実はそうなっていないわけで・・・そこには関税やらなんやら複雑な事情があるのだと思いますが・・・。その辺のことも、余裕が出て来たら色々調べてレポートしたいです。(もっともみなさんはもうその辺のカラクリを知っているのかもしれませんが・・・。そして無印は確かフランスには出店してたと思いますが。)

と、昨日はそんな1日でした。
あとそう、先日「ベルギーワッフルは別に驚くほど美味しいわけじゃないので、もうしばらく食べない」なんて言ってましたけど、昨日買い物途中にお腹が空いた&あのいい匂いにやられて、やっぱりまた買ってしまいましたよ。2ユーロの同じお店のやつ。(結構売れてるんですよ、そこ。観光客っぽい人も、学生っぽい人も結構買ってる)
昨日改めて味わってみて思ったのが、「やっぱり結構美味しいかも」でした。前も書きましたが、やはりポイント(というか日本で食べるやつとの大きな違い)は、生地のしっとり&もちっと感です。ウェルダンに焼いてあるスコーンっぽい方が好きな人は、日本で食べられるやつの方が美味しいかもしれませんが、ミディアムが好きな人は、結構こっちのやつはクセになるかもしれません。(でも外はパリッとしてたから、ミディアムな焼き加減というか、やはり単に何か生地の違いなのかも?)
もちろんベルギーワッフルもお店によって味が違うと思うので、美味しそうなお店を見つけたら、積極的に試してみたいと思いました。(多分ブリュッセルには美味しいお店がいっぱいある気がします。あと今思いましたが、日本では「ベルギーワッフル」と呼ばれてますが、こっちではただの「ワッフル」なんでしょうか?後で誰かに訊いてみます)

さて、そろそろ「事務担当者」が出社していると思うので、契約書を持って行ってまいります!

日本は・・・18時ですね。
みなさまお仕事お疲れ様でした😊

今日も素敵な夜を💕

追伸
簡単美味しい自炊レシピ案があればぜひ教えてください🙏


しばらくカレーを食べ続けることになりそうな予感・・・(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です